すご~く気になる世の中の…××など。

世の中の気になる出来事や、社会、政治経済、ニュース、スポーツ、健康などをテーマに論評していく記録です。

コーヒー2杯で、子供を流産…

2008/01/23 (水) [記事の編集]

え!!? っと思うようなニュースですね…。

各社新聞・テレビなどで一斉に報道されてますが、わずか2杯のコーヒーを飲むだけで、お腹の子供を流産するそうです…。

ちょっと考えられないニュースですが、詳細をみていきましょう。



妊婦が1日2杯のコーヒーに相当するカフェインを摂取すると、
しない場合に比べて流産の可能性が2倍にも跳ね上がることが、米研究者が21日までに学術専門誌「American Journal of Obstetrics and Gynecology」に掲載された論文により明らかとなりました。

この研究発表を行ったのは、米医療サービス会社「カイザー・パーナネント(Kaiser Permanente)」のデクン・リー(De-un Li)博士を中心とする研究グループ。

研究グループは1996年10月から1998年10月までの2年間に渡り、1日に200ミリグラム以上(コーヒー2杯分に相当)するカフェインを摂取する妊婦と摂取しない妊婦、1063名のの比較調査を実施した結果、
妊婦が1日に200ミリグラム以上のカフェインを摂取すると、流産の率も2倍に達するということが判ったとしています。

さらに、200ミリグラム以下の摂取量でも、流産のリスクは1.4倍になっていたそうです。

コーヒーだけでなく紅茶などを通じ、カフェインを摂取した妊婦も流産の危険が高かったことから、研究チームはカフェインが原因物質と結論付けたということです。

カフェイン摂取は胎盤の血流減少などを引き起こし、新陳代謝機能が完全でない胎児にとって、胎盤を通じて入り込むカフェインの代謝は困難であり、胎児の成長が阻害され、これらが胎児に悪影響を与える可能性があるということです。


以上の事から、研究グループでは、妊娠を控えている女性、もしくは妊娠3ヶ月以内の女性はコーヒーの摂取は1日1杯に限るか、できればまったく摂取しない方がよいとした上で、カフェインの摂取に関しては注意を喚起しています。


うちの嫁さんも、もう1人子供は欲しいと言ってますので、これは他人事ではないと私も感じました。
子供を身ごもった以上は、元気な姿でこの世に生を受けさせてあげるのが、親の使命だと思っています。

私たちが出来る限りの事はしてあげて、子供に元気に生まれてきてもらいたいと切に願います。



下記バナーのブログランキング参加中です。 応援して下さると、とても励みになります(^^)
人気ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング【くつろぐ】
Prev
領収書に貼る印紙税の、ちょっと「おトク」なお話し…。
Top
すご~く気になる世の中の…××など。
Next
日本銀行はどうやって利益を上げてるの??

最近のエントリ

コメント

 
 
 
 
 
 
 
  管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

 


Top
すご~く気になる世の中の…××など。

プロフィール

DioZX

“ DioZX ” と申します。
宜しくお願い致します(^^)


Google ページランク
Powered by PR-Icon

検索フォーム


Google

スポンサードリンク

ブログ関連サービス

インターネット無料サービス

ブライダル情報集

金融関連リンク

インターネットショッピング

ブロとも申請フォーム

メールはこちらからどうぞ

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


カテゴリ

最近のエントリ

RSSフィード

お気に入りブログなど

スポンサードリンク