すご~く気になる世の中の…××など。

世の中の気になる出来事や、社会、政治経済、ニュース、スポーツ、健康などをテーマに論評していく記録です。

自宅で仕事をする時のルール10箇条

2007/10/29 (月) [記事の編集]

サラリーマンの方など、会社で仕事が終わらず、家で仕事をしなければならない方は多いかと思います。
SOHOとして仕事をされている方、新しく起業された方なら尚更の事でしょう。

しかし自宅で仕事をしようとすると、色んな誘惑があり思うように効率が上がらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな自宅で仕事をする時のルールをちょっとまとめてみました。
ポイントは、自宅と会社の環境の違いだと思います。自宅で仕事をする際は、会社と違って

・上司がいない
・家族が隣にいる
・勤務時間(拘束時間)が決まっていない。自由である
・スペースに限りがある
・コピーなどの事務機器が充実していない
・食べるものが、すぐ側にある
・TVや仕事以外のネット等の楽しみを自由に見る事ができる
・ちょっとした運動ができる



このような環境の違いはメリットでもあり、デメリットでもあります。
メリットを生かし、デメリットを抑える、自宅で仕事をする際の独自のルールが必要になります。
1.スケジュールを上司にする (30分刻みのスケジュール)
家には、私達を管理する上司が誰もいません。
これはある意味、仕事をしやすい環境、邪魔されない環境ではあります。
が、その為、緊張感もなくなるものです。そこで、ダラダラした仕事になってしまう危険性が非常に高くなるものです。

そこで、自分のスケジュールを上司の替わりにします。
30分(できれば15分)単位に細かく、何をするのかをスケジュール化していき、その実行を自分に義務づけていく事で管理していきます。
90分~120分毎に休憩を入れていき、その際に、自分を誉めてあげるために進捗状況をチェックし、順調にすすんでいればそれを誉めてあげましょう。
予定通りに仕事をこなしている自分を誉めてあげる事で、次の仕事とスケジュール通りに仕事をしていくという事へのモチベーションを高められます。

休憩毎に細かく、自分を誉めてあげる事も、自宅で仕事をしていく際には重要になります。
家で仕事をする際には、誰も誉めてくれる人がいないので、モチベーションを上げる工夫を自分で行う必要があるのです。



2.紙資料はできるだけ捨てる
家は、よほどの大豪邸をお持ちでない限り、スペースに限界があります。
広い仕事場をお持ちの方は少ないはずです。
ここに、紙の資料をため込んでいたらスグにパンクしてしまいます。

ですので月に1回、紙資料を一掃する日を作ります。
特に必要なものは、スキャンします。
雑誌等もビリビリ破って必要なところだけスキャンします。そして後は思い切って捨てます。

この「紙資料一掃Day」は、資料の見直しにも便利です。
ため込んでおくばかりで、見ない資料って意外に多いモノです。
この機会にそれを一挙に目を通すことにもなります。



3.家族の誰もいない時間は、最も大事な仕事を
家族がいると、どんなにしても邪魔が入るものです。
特に小さな子供がいる家庭などは尚更。
家で仕事をする際には、そのような家族の邪魔が入らない時間こそがゴールデンタイム。
私であれば、朝と深夜。特に朝4時~朝6時まではゴールデンタイムです。
そこに最も当日、優先的にやらなければいけない仕事を持ってきます。
誰も邪魔の入らない、贅沢な時間は、仕事の効率を大きくアップさせます。



4.ネット利用時間の制限
ネットは生産性を上げる武器にもなりますが、生産性を低下させる魔物にもなります。
特に、家で仕事をしている際は、ネットで何を見ていても文句を言う人はいないものです。
仕事での捜し物をしていたハズが、いつのまにか芸能ニュース・スポーツニュースネタを読んでいたなんて事もよくある事です。

そこであえて、ネット遮断をする決断をしていく必要があります。
仕事のネット捜し物は、ネット利用タイムを作って、そこでネットを使った調査作業等は行うようにします。
そうするだけでも家での作業効率は違ってきます。



5.集中を遮る、雑誌、本は、必要なものだけを横におく
これも、ネットと同じですね。
ちょっとビジネス雑誌が横においてあったりすると、つい手が出てしまいます。
そうすることが、ホントにやらないといけない事への集中力を遮断してしまいます。

集中力を遮断しないためにも、机には必要な資料以外はおかない環境を作る必要があります。
誰から叱られる事がない「家」という環境では、「あなたを誘惑する魔物」を遠ざけておくことが重要になります。



6.90分は、絶対にイスから立たない
家では、ついイスから離れたくなります。
会社と違いイスから離れれば、そこにはテレビがあり、家族がおり、ベッドがあります。
そうすると、ちょっとトイレに行くつもり、お茶を飲むつもりの時間がどんどん長くなってしまいます。

とにかく「90分はイスから離れない」という単純なルール。
仕事に入る前に、トイレやお茶の準備は済ませておくという当たり前の話をしておけばいいだけなのです。



7.集中できない時は、場所を変える
例えば、子供の友達が遊びに来て、ギャーギャー騒いでいるときなどは、なかなか集中して仕事ができません。
どうしても、家で集中できないときは、場所を変えましょう。

ノートブックPCを持って、スターバックスコーヒーなどに行き、仕事をすると案外集中できます。
バッテリーの時間に制限があるので、「なんとか2時間以内に終わらせなければ」という切迫感が、仕事をはかどらせてくれます。



8.ちょっと食べるものを、仕事前に用意しておく
家だと、食べるものはたくさん周りにあります。
ちょっと小腹がすいた時、気分転換用に、ちょっとした食べ物を仕事に入る前に手元に準備しておきます。
コーヒー等の飲み物、ガム、チョコ等のおやつ、バナナ等のカンタンに口に入れる事ができるフルーツ。

ちょっと食べることが、頭がリフレッシュされて仕事の効率を生む事になります。
(その為に、イスから離れるのはNGです。仕事に着手する前に、キチンと準備しておきます)



9.「あなたが仕事中」という事が、家族から分かる環境を作る
あなたが仕事をしていると分からなければ、奥さんや子供も話しかけてきます。
集中している際に、人から話しかけられると、それまで考えていた事がゼロに戻る事もあります。
そうなると、イライラしてきますね。
そんな事態にならない為にも、家族に「今、仕事中だから、声をかけないでくれ」と言うことを伝える為の工夫が必要です。
「ただ今、仕事中」という札をかかげるのもいいでしょう。
家は基本的には、プライベートタイムを過ごす為の場所。
家族みんなが、イライラせずに気持ちよく過ごせる工夫が必要になりますね。



10.休憩タイムは、身体を動かし、子供と触れあう
90分単位、120分単位ごとに、15分ほど休憩を取ります。
家で仕事をできるメリットは、休憩時間に会社の休憩時間と違って、何でもありということ。

例えば、同じ姿勢ばかりで仕事をしている時は、ストレッチをしたりして身体をリフレッシュさせます。

また、頭をフルに利用して疲れたときなど、ちょっと子供と遊んでみたりするとココロの気分転換ができて、新しい発想もでてきたりします。
家族も味方にできますね。



家で仕事をする際は、さっさと効率よく仕事をこなしてプライベートタイムを楽しみたいものですね。
以上のように、皆様も家で効率よく仕事をする為に、ルールを決めてはいかがでしょうか?
ご参考になれば幸いです。





下記バナーのブログランキング参加中です。 応援して下さると、とても励みになります(^^)
人気ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング【くつろぐ】
Prev
亀田家(亀田興毅選手)の内藤大助選手に対する謝罪会見
Top
すご~く気になる世の中の…××など。
Next
内藤大助選手 対 亀田大毅選手の試合について

最近のエントリ

コメント

 
 
 
 
 
 
 
  管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

 


Top
すご~く気になる世の中の…××など。

プロフィール

DioZX

“ DioZX ” と申します。
宜しくお願い致します(^^)


Google ページランク
Powered by PR-Icon

検索フォーム


Google

スポンサードリンク

ブログ関連サービス

インターネット無料サービス

ブライダル情報集

金融関連リンク

インターネットショッピング

ブロとも申請フォーム

メールはこちらからどうぞ

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


カテゴリ

最近のエントリ

RSSフィード

お気に入りブログなど

スポンサードリンク