すご~く気になる世の中の…××など。

世の中の気になる出来事や、社会、政治経済、ニュース、スポーツ、健康などをテーマに論評していく記録です。

亀田家(亀田興毅選手)の内藤大助選手に対する謝罪会見

2007/10/29 (月) [記事の編集]

10月11日のプロボクシングWBC世界フライ級タイトル戦で悪質な反則行為を繰り返した亀田大毅(18)の兄・興毅(20)が26日、東京・新宿区の協栄ジムで謝罪会見を行いました。

この日の会見を拒否して同ジムのスタッフを辞任した父・史郎氏(42)の代わりに、内藤大助(33)=宮田=に謝りました。
興毅はボクシング界から追放された父のもとを離れ、協栄ジムで再起をめざすことになりました。


この日、定刻から6分遅刻し、一時は「反省してないのか」という空気が漂ったそうです。
が、スーツにネクタイ姿で現れると、「まず内藤選手におわびしたいと思います。ほんまにすみませんでした」と謝罪しました。


17日に大毅と史郎氏が記者会見した際にはなかった内藤大助への謝罪で、会見がスタート。
「自分たち亀田家のせいで、ボクシング業界のイメージが悪くなり、亀田家代表としておわびいたします」。
100人以上の報道陣が詰め掛けたジムの中で、約1時間20分。
興毅は前日に丸刈りにした頭を何度も下げました。


父は協栄ジムへの残留条件だった謝罪会見を拒んで息子に謝罪役を放り投げ、トレーナーとして雇用関係にあった同ジムを去りました。
父に代わって大役を引き受けた興毅に「同席しない父親を情けないと思わないか」などと質問が飛んだ時、これまでリング内外で強気を貫いてきた男は絶句し、目には涙が浮かんだ。


「小さいころからここまで育ててくれたのはおやじやし、おやじの教えてくれたボクシングで世界王者にもなれた。オレらの中では世界一のおやじだと思ってる」
亀田興毅は目に涙をこらえながら、こう述べました。


今回の謝罪会見は、おおむね好評だったそうです。
ただ、反則指示をしたかどうかの部分はハッキリとした答えはなかったですね。
言い訳はしません。と述べていましたが、そういう事を聞きたいのではなくて、反則指示をしたのかどうか、YesかNoかどっちなのか?という部分は、結局亀田興毅の口からは聞けず、金平会長が助け舟を出したという感じになりました。

先日の大毅と史郎氏の謝罪会見が万人の納得いくものではなかった為、今回“やり直し”の謝罪会見なわけですから、もっと質問にはYesかNoかで答えるなど、ハッキリとした態度で望まなければならなかったのではと思います。

おおむね好評だったらしいですから良かったですけど、これでまたやり直し会見でもなったら、それこそ再起の道が閉ざされてしまうかもしれませんから…。
しかし亀田興毅が、あれだけシドロモドロの口調なのは初めて見ましたね。
あそこまで追い込まれたのも人生初めてだっただろうし、若さもあるし、無理もないかもしれませんが。
これでまた精神的にも大きく成長していくのではないでしょうか。

私は個人的に言うと、もうあの過激なパフォーマンスが見れなくなってしまうのかと思うと、少し寂しいです(笑)
あれはあれで結構楽しめたし、現に世間の注目を集めたわけですから…。
ボクシングは紳士的なものなので、本来はマナーを守るべきだとは思いますが、でも完全実力主義の世界でもあるので、前置きがどうのこうのではなく、勝った者が全てなのです。

そういう意味では、ある程度のパフォーマンスはあっていいと思うのですが、はてこれからどうなるのでしょうか…。


それから先日の、日本ボクシングコミッション(JBC)による亀田家の処分に引き続き、協栄ジムからの処分も発表されました。
■亀田大毅選手に「厳重注意」
■亀田興毅選手に「3か月間の出場自粛」
※亀田史郎氏は辞職した為、処分を行わなかった。
※大毅選手については、日本ボクシングコミッション(JBC)から1年の出場停止処分が下されていることを踏まえ、「それ以上の出場停止処分を科すことは選手生命の終わりを意味する」として、厳重注意処分にとどめたという事です。これは正論だと思いますね。


今回の処分で、東京・葛飾区の「亀田道場」の使用を禁じられ、兄弟は新宿区の協栄ジムに通って指導を受けることになりました。
マッチメークの権利も史郎氏の手を離れ、3カ月間の試合自粛を決めた興毅ですが、来月協栄ジムで練習を再開する予定だそうです。
大毅も改めて謝罪会見をした後に、同ジムで練習を再開する予定だそうです。


兄弟の新たなトレーナーには協栄ジムの荻原篤氏(35)が内定。
現役時代に日本フェザー級1位になり、04年から3年連続で全日本新人王を育てた敏腕トレーナーに師事することで、史郎氏の影響下から離れるという事です。


これで一応の収束をみたという感じになりますが、実はまだ問題があるそうです…。

それは亀田プロモーションの存在と、3男の亀田和毅の存在。

亀田プロの代表取締役は史郎氏。
ボクシング界からの引退をジム会長に告げた同じ夜、今後のプロモーション活動にも熱意を燃やしていたようなのです。

26日の謝罪会見では、異様な発表もありました。

大毅(18)-内藤大助戦の翌日、10月25日に横浜で予定され、チケットも売り出されていた興毅のノンタイトル戦の中止が決まりました。
理由は「対戦相手が決まらなかったから」。
しかし金平会長は26日、「内部調査の結果」として、すでに南アフリカの選手に相手は決まっていたこと、興毅が大毅戦のショックから「リングに上がれない」として勝手にキャンセルしたことを公表したのです。

試合の中止は興行主の協栄ジムから発表されていた。
だが実際には、協栄側はマッチメークに一切ノータッチで、クラブオーナーのライセンスを持たない史郎氏のプロモーションに任せていたことになる。
そしてこの複雑な契約関係はまったく解消されていない。
史郎氏の亀田プロ社長の肩書もそのまま。
当然、「今後も父親が後ろから糸を引くのではないか」(ガッツ石松氏)といった懸念も消えていません。

協栄ジムと亀田家の間には、まず興毅や大毅が所属選手としての契約があり、トレーナーだった史郎氏はジムに雇用される関係でもありました。
一方でジムは亀田プロと契約を結び、亀田プロとTBS、ジムとTBSもそれぞれ独自に契約を結んでいます。

金平会長は、この複雑な契約関係について、「亀田プロは、ボクシング以外のことを管理する会社。そういう意味で、ボクシング以外のプロモーションについては(今後も)亀田家がやっていくと思う。それ以外のことは、私がやる」と話した。


とはいえ、従来も「違反」とされていた亀田道場(東京・葛飾区)の使用も黙認してきた経緯がある。
練習場の撤去も、今回の処分とは関係のないアマチュアの和毅(16)のため、といわれれば命令の根拠を失う。
本来ジムが一括して行うことが原則のプロモートの主権を取り戻すことができるかも未知数。

中堅ジムの会長が、こんな過去のエピソードを明かす。
「以前、日本プロボクシング協会でカレンダーを作る際、原田(政彦)会長が亀田兄弟を起用しようとしたら、金平会長が亀田プロを通すことになっているといった。それは本来、おかしいことなんですよ」


格闘技ジャーナリストの片岡亮氏は、史郎氏の“院政”問題の本質について「結局、残されたの問題は、金銭の絡む話に集約される」と指摘した。
取材謝礼の交渉や放映権料の分配など金銭が絡む問題には、史郎氏が直接的に影響力を行使する立場にある。

実際、26日の会見でも興毅は父親との関係について「今までと何も変える必要がないし、ちゃんと親父の言うことは聞いていきたい」と話した。


老舗ジムの会長は「金平会長もオーナーライセンスの3カ月停止処分を受けているのに、プロモーターライセンスがあることを楯に、実質的な制約がほとんどない。史郎氏だって裏で兄弟に影響力を行使しても何の不思議はない」と話した。


協栄ジムの処分に実質的な意味がなく、史郎氏の影響力が残る状態であることについて東日本ボクシング協会の大橋秀行会長は「協栄ジムの処分が軽過ぎるという指摘は、協会の会員からも聞こえている。今回の騒動ではボクシング界のさまざまな問題が指摘されたが、今後は会員の話も良く聞いて、理事会などで対処していくことになります」と語った。


もともと亀田家の暴走は、ジムやボクシング業界、そしてメディアが人気を当て込んで特別扱いしたことで拍車をかけてきた。
そのすべてが変わらなければ、史郎氏の「院政」を許し続けることになる。











下記バナーのブログランキング参加中です。 応援して下さると、とても励みになります(^^)
人気ブログランキング にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング【くつろぐ】
Prev
3日間耐久!ガチンコ勝負!!(初日)
Top
すご~く気になる世の中の…××など。
Next
自宅で仕事をする時のルール10箇条

最近のエントリ

コメント

 
 
 
 
 
 
 
  管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

 


Top
すご~く気になる世の中の…××など。

プロフィール

DioZX

“ DioZX ” と申します。
宜しくお願い致します(^^)


Google ページランク
Powered by PR-Icon

検索フォーム


Google

スポンサードリンク

ブログ関連サービス

インターネット無料サービス

ブライダル情報集

金融関連リンク

インターネットショッピング

ブロとも申請フォーム

メールはこちらからどうぞ

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


カテゴリ

最近のエントリ

RSSフィード

お気に入りブログなど

スポンサードリンク